写真 繁延あづさ

私達について

土と台所の間で

2003年奥津爾・典子により吉祥寺に設立。

素材をいかし、自分もいかす台所の学校」
をコンセプトに、
料理教室・オンデマンド講座・書籍などを通じて、
風土と身体に根ざした料理を伝えている。

2013年より
古来種野菜ファーマーズマーケット種市」共催。
同年から雲仙に家族で移り住み、
吉祥寺と雲仙の2拠点で活動。

2019年秋に、雲仙・千々石にて
無農薬・無化学肥料の野菜をベースとする
直売所の運営がスタートする予定。

奥津爾‖おくつ・ちかし

1975年生。東京都出身。
オーガニックベース代表。薬物依存症のシンクタンク勤務を経て、2003年夏にオーガニックベースを、2007年春にベースカフェ(現在のヒトト)を立ち上げる。

農・食・文化・手仕事をキーワードとした企画を数多く手がけ、日本の在来野菜に焦点をあてたイベント「種市」のディレクションを担当。2013年には長崎・雲仙に移り住み、東京と雲仙を行き来しながら、在来種の種を守り継ぐ活動をしている。

奥津典子‖おくつ・のりこ

1974年生。東京と長崎育ち。
在学中から日米でマクロビオティック他を学ぶ。

現在は、家庭の台所論として、
「健康と美味しいに役立つ理論と料理」を提案。

子ども達の幸福と、
食べる命、食べられる命双方の幸福と尊厳が願い。

現在は気象変動などの理由で、20年来の菜食をやめ、動物性を含めた料理も提案。同時に、種類を選ぶ、より、質を選び、手に入る種類で暦ごとの料理を教えている。

独自の「切り方」論や、舌の動きの大切さ他、身体の理論、素材を活かし、男女や年齢差を考慮した料理が人気。教室の生徒、通信講座の受講生は国内外に多数。

現在は雲仙市在住。夫と、種や有機農法、伝統製法を守り継ぐ活動も。
年の離れた3児の母。

著書
「マクロビオティック おいしく元気になるお買いもの」(技術評論社)
「マクロビオティックの子どもごはん」(ソフトバンククリエイティブ)
「野菜だけでおいしい マクロビオティックのスープ」(アスペクト)
「organic base 朝昼夜のマクロビオティックレシピ」(河出書房新社)
「マクロビオティックのお買いもの」(技術評論社)
「オーガニックベース マクロビオティックと暮らす」(ビジネス社)
監修
「マクロビオティック、はじめました」(アスペクト)

2000年代向けなので、今の時代にはもっと「陽性さ」「ミネラル」「タンパク質」を加味してください。(著者より)