075.

包丁の研ぎ方・子宮頸がん術後・1人家族と違う食事について

以前、奥津先生のブログで「腸が緩んでいると包丁が上手く研げない」ようなことを拝見しました。ご著書で薦められていた包丁を購入しましたが、研ぎ方が下手なせいか、研げば研ぐほど切れ味が悪くなります。 お姑さんの包丁と、私の包丁で切った野菜の滑らかさ全く違うことに愕然としてしまい、切ることも研ぐことも嫌になっています。 私だけマクロ食です。一年半位です。皆と違うものを頂いている食卓の、つまらなさや、切なさ。ストレスからか、最近は甘いものを頂いたり煙草を2,3本吸ったりしてしまいます。 去年、子宮頸がんの円錐切除をしました。陽性体質なので陰性な食事を心がけていますが、そのせいで腸がゆるんでいるのでしょうか?おでこの吹き出物がとれないので動物の脂肪が溜まっていると思います。 包丁を研ぐのが上手くなるコツや、陽性体質でも可能な腸を整えるお食事を教えて頂けますか?よろしくお願いいたします。
女性40代東京都

ある意味でとても嬉しく感心するご質問でした。それだけ包丁の違いに気が付けるご質問者さん、素晴らしいです。

包丁を研ぐコツは、すみません、メールでは言葉にできません。
オーガニックベースで行っているomotoさんの研ぎ教室によければご参加ください。
でも、それ以上に、そんなに名人のお姑さんがい…

このサイトは、通信講座・オンライン講座専用です。
閲覧には、通信講座の受講が必要です。

ログイン

通信講座 台所の学校「基本コース」
通信講座 台所の学校「応用コース」


関連キーワード

大腸, 子宮頸ガン, 家族

検索


1.

検索場所を、下記から選んでから、検索してください。


2.