076.

塩番茶シップと緑内障についての訂正

緑内障のため、テキストの塩番茶湿布を実行したいのですが、塩の量が番茶の1割という記載に戸惑っています。 インターネットで塩番茶湿布のやり方を検索すると、塩分は1パーセントという記載がほとんどなので、1割の塩というのは濃すぎるような気がしますし、一度にたくさんの量の塩を使うとなると、高価な塩は使えません。 塩の量と、どの程度の質の塩を使えばよいのか、を教えて下さい。よろしくお願いします。
女性30代兵庫県

(1)テキストの量の訂正
塩番茶シップを目にするときは、200ccもあれば余ります。私たちもいつも150cc前後しかつくりません。塩の量も大さじ1程度で、「カンホアの塩」程度の価格でしたら、薬や病院までの交通費よりは十分にリーズナブルだと思うのですがいかがですか。塩はやはり、ある程度良質でないと効果…

このサイトは、通信講座・オンライン講座専用です。
閲覧には、通信講座の受講が必要です。

ログイン

通信講座 台所の学校「基本コース」
通信講座 台所の学校「応用コース」


関連キーワード

緑内障

検索


1.

検索場所を、下記から選んでから、検索してください。


2.