067.

幼児に与えるコンディメントと主食について

2歳と4歳の娘は、毎朝白米のごはんに梅干やたくあん、ゆかりやちりめんじゃこ、市販の子ども用ふりかけを好んでかけて食べますが、かけすぎかなと思うくらいかけないと気がすまず、かかってないところが出てくるとまたかけたがり、適量が分かりません。 玄米ごはんを食べさせたいですが、ごま塩やゆかりをたっぷりでないと、 なかなか食べたがりません。 テキストには、子どもは何かかけないと食べない時期があるとのことですが、子どもには陽性すぎるのではないかとも気になりますし、大事な主食のごはんをおいしく食べさせる工夫やコンディメントの適量を教えていただきたいです。
女性30代愛知県

玄米とごま塩、ゆかりの食べ過ぎでの陽性過剰より、白米を中心にする陰性過剰の方がはるかに心配です。特に市販の子供用ふりかけとは、どんなものかな??
玄米で陽性になりすぎても、たかが知れています。赤肉や卵、甲殻類などの陽性過剰のほうがよほど大変。偏った偏食玄米菜食をあまりに長期にわたって続けるのは確かに…

このサイトは、通信講座・オンライン講座専用です。
閲覧には、通信講座の受講が必要です。

ログイン

通信講座 台所の学校「基本コース」
通信講座 台所の学校「応用コース」


関連キーワード

ごま塩, 子ども, 未設定

検索


1.

検索場所を、下記から選んでから、検索してください。


2.