講演会・トーク

吉祥寺

東浩紀
トークセッション東浩紀さんに訊く」

日程‖(火)
時間‖1330分〜1530分+質疑応答お申込み
場所‖キチム‖東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目14‐7 B1F
料金‖2400円(税込)

話し手‖東浩紀
聞き手‖奥津爾

開催‖雲仙市

お申込み

正しいことしか許されない時代に「誤る」ことの価値を問う東浩紀さんの『訂正可能性の哲学』と『訂正する力』。この2冊はこの種を蒔くデザイン展を企画させていただいた僕(奥津爾)にとって2023年に読んだ本の中で最も知的興奮にあふれた名著でした。「ひとは誤ったことを訂正しながら生きていく」という言葉は、リスクを恐れ硬直化が進む現代にあって誰もが心に刻むべきパンチラインではないでしょうか。

種や野菜、デザインだけでなくあらゆるものが規格化・標準化されていく時代にあって、真に多様な社会を次代に託すために僕らに何ができるのか。東さんにじっくりとお話を伺いたいと思います。心から楽しみです。

東浩紀

東浩紀

1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院博士課程修了。博士(学術)。株式会社ゲンロン創業者。著書に『存在論的、郵便的』(第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015)、『観光客の哲学』(第71回毎日出版文化賞)、『ゲンロン戦記』、『訂正可能性の哲学』など。

鎌倉

養老孟司
共振と対話」

日程‖13(水)13時〜16お申込み
場所‖鎌倉女子大学 二階堂学舎
参加費‖2300円(税込)

第一部13時〜1350

種と暮らす農、畑から見える景色」

話し手‖山田一生‖農家
聞き手‖奥津爾

第二部14時〜16

共振と対話」

話し手‖養老孟司
聞き手‖奥津典子

開催‖雲仙市

お申込み

第一部では、鹿児島の農家・山田一生くんから種と暮らすその意味、田畑から見据えている農の未来を。
第二部では「共振と対話」をテーマに、養老先生に、西洋と東洋の感受性、食材を含めた人間以外の命や存在との対話についてお聞きします。切り口は、台所と子育て、老いと健康、生と死、男と女の違い、学習と科学、歴史と日本語など様々な角度からお伺いする予定です。

養老孟司

養老孟司

東京大学名誉教授
著書バカの壁』新潮社)虫眼とアニ眼』徳間書店)など多数

山田一生

山田一生

1984年埼玉県に生まれ、環境問題への関心から農業高校へ進学。奄美大島で生き物を守る仕事「マングースバスターズ」に従事した後2010年9月に現在の鹿児島県垂水市に移住。カエルを守る生き方ができないかと「かえるすたいる」という屋号で2011年春に就農、現在5.5haの田んぼ、50aの畑を管理。全て無肥料・無農薬での栽培、畑は不耕起栽培で野菜を年間40種類ほど種とりをしながら育ている。

雲仙タネト

内山節
講演会種を、を、け継ぐ君たちへ」
―継承性のある社会を目指して―

日程‖20(祝)14時〜17お申込み
場所‖タネト‖長崎県雲仙市千々石町丙2138
料金‖2200円(税込)

講演‖内山節
聞き手‖奥津爾‖タネト

後援‖日本財団

お申込み

在来種の種、美しい海を次世代に託していくために私たちに何ができるのか。
哲学者、内山節先生にじっくりお話をうかがいます。

1‖近代的世界と経済活動を投資に変えた時代
2‖継承性とは何か
3‖日本の伝統的な社会観について
4‖経済社会はどのようにつくられているのか
5‖未来へのヒントとしての過去
6‖関係に価値をみいだす時代へ
7‖日本の社会における移動性と定着性
8‖関係が継承されていく社会を再創造するために

内山節

内山節

©森づくりフォーラム

哲学者、NPO法人森づくりフォーラム代表理事
1970年代から東京と群馬県上野村の二重生活を続けながら、在野で、存在論、労働論、自然哲学、時間論において独自の思想を展開する。2016年3月まで立教大学21世紀社会デザイン研究科教授。著書に『新・幸福論 近現代の次に来るもの』『森にかよう道』『「里」という思想』『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』『戦争という仕事』『文明の災禍』ほか。2015年冬に『内山節著作集』全15巻が刊行されている。

MAIN CONTENTS