027.

子どもの大豆アレルギーについて

生後11か月間もない息子についての相談です。全身に赤い発疹が出たため受診したところ、「小麦」と「大豆」にアレルギー反応とのこと。大豆は貴重なタンパク源なので困っています。しかし少量であれば大丈夫な様子なので、一日一食だけ豆腐を少し与えるようにしてしますが、それだけではタンパク質が足りないのでは、と心配しています。だからといって、肉や魚を与える気にもならず・・・。この場合は、肉や魚を食べてその他の食材でバランスをとるしかないのでしょうか。それとも大豆以外でたんぱく質を摂取する方法があるのでしょうか。あるいはこのアレルギーを治す方法があるのでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。
女性20代東京都

【この回答は、お知らせ005を読んでからご覧ください】

ご質問の要点は下記2点ですね。

(1)大豆以外でたんぱく質を摂取できるのか
(2)このアレルギーは治るのか

まず(1)についてですが、そもそも、黄大豆自体はマクロビオティックでは常食には勧めていないことをご確認お願いします。ただし、豆腐や納豆や味噌、高野豆腐などであればとても良く、また重要でもありますね。ちなみに、標準食で常食用として勧めている豆類は、小豆、黒大豆(黒豆)、レンズ豆、ひよこ豆の4つです。

そして、それ以外のたんぱく源に関しては沢山あります。テキストの巻末に一覧表をつけていますのでそちらをご参照ください。ただ、蕎麦などは、まだお子さんが小さいうちはいきなり食べさせませんようにお願いします。麦アレルギーについても、調理法と量次第では食べられる方も多いです。

魚は、少々の白身魚や穴子などは、3~5歳くらいから男の子は時に必要になってくることも多いです。幼稚園のうちは月に2〜6度もあれば十分くらいでしょうか。個人差があるので、それでも多い子もいるし、少ない子もいます。よくお子さんの体質を見てあげてください。また、主食の精白度が高いと動物性が必要になります。

それと、味噌はとれますか?いいお味噌汁をしっかり飲ませてあげていると、タンパク源にもなりますし、とてもいいのですが。自然食品メーカーの味噌も、質が劣化しているので、ご注意ください。ちなみに我が家は手作り+個人店のお味噌です!<2016,11,29加筆訂正

次に(2)についてですが、治ります。マクロビオティックをできるだけ続けていくと大体良くなります。麦アレルギーは肝機能をはじめ消化・代謝機能が不調であることが多く、大豆アレルギーは膵臓・脾臓・腸の働きが弱っていることが多いです。マクロビオティックをできるだけ実践してこれらがととのってくると食べられるようになる例は沢山あります。少しずつ、やっていってみてくださいね。

油、塩分過剰、排出しにくい塩分を含んだ調味料にも反応することがありますから、調味料はよくよく良いものにし、また料理の仕方をよくよく練習なさってください。

短いけれど、ご参考になりますように。子どもさんが辛そうになさっていると本当にご自分がお辛いと思いますけれど、子どもたちと一緒に成長していきましょうね。


検索


1.

検索場所を、下記から選んでから、検索してください。


2.